株・FX自動売買検証ぶろぐ

サラリーマン兼トレーダーが株・FX・自動売買について検証を重ね、不労所得・資産形成を目指すブログ!2015年からトータル利益130万円達成中!!

【オートシステム】3ヶ月間の成績まとめ《7月~9月》&リスクヘッジ運用法

f:id:atfx:20191002204403p:plain


どーも、ぱらでぃんです。

 

今年4月に半信半疑ながらも10万円で購入したFX自動売買ツール「オートシステム」(OEM版アンビションシステムと同じシステム)ですが、使用開始から早半年が経過しました。

3ヶ月前にも一度、月間成績をまとめましたので今回も同様に月毎の成績を振り返ってみます。

 

 

購入直後の記事はこちら 

www.paladin-atfx.com

 

週間実績の記事でも毎週の結果は公開していますので、今回もそれを月毎にまとめただけですが・・・

6月に証拠金約50万で14万の爆益があり、かなり調子に乗りましたが、その後はご存知の通り度重なる証券会社の変更手続きや、サポートの案内を無視して大幅マイナスを出すなど、この3ヶ月はかなり波乱万丈でした。 

 

 

 

 

オートシステム月間成績

  

7月(7/1~7/31)

 

f:id:atfx:20191002191524p:plain

 

合計+23397

 

なんと7月の1ヶ月間で3つの証券会社にまたがっています(笑)

7月1日~5日がXM、10日~17日がGemForex、25日以降がBigBossとなっています。

 XMの時は最終的に証拠金50万くらいだったと思いますが、GemForexとBigBossはそれぞれ20万からスタートさせています。

移行手続きで稼働日がかなり削られてしまいましたが、その割には好成績だったのではないでしょうか。

 

 

8月(8/1~8/31)

 

f:id:atfx:20191002191914p:plain

 

 

週間実績の記事に書いた通りですが、まさかの大幅マイナスとなりました。

7月末にサポートより、FOMC、雇用統計と重要指標が続く上に8月は世界的に長期休暇が多く、相場が不安定なため8月21日頃までのシステム停止を推奨されていました。

しかし、それを無視していたら8月1日~2日のドル円急落に耐えられずに損切りしました。

とはいえ暴落の直接的な原因は指標ではなく、米中貿易摩擦の先行き不安とそれに付随するトランプ大統領のツイート発言でしたね。

結局21日以降の最後の一週間程度しか稼働していないので、トータルでも9万円以上のマイナスとなりました。

 

 

9月(9/1~9/30)

 

f:id:atfx:20191002193119p:plain 

 

8月に結局資金を半分にしてしまいましたが、追加入金せずにそのまま行く事にしました。

再スタート時の証拠金は10万2000円 くらいでした。

本日10月2日の時点ですが、なんとか16万7000円くらいまで回復させる事が出来ました。 

 

最低の0.01ロットでの推奨証拠金は20万~30万となっていますが、EAの説明書には一応「10万円からでも可ですがリスクが高まります」と書いており、10万円は全くダメという訳では無さそうです。

ですが、XMの時と比べてBigBossはレバレッジが555倍の上に、入金ボーナスが無いらしく正直10万円ではちょっと厳しい場面もありました。

しかし、リスクをなるべく抑える方法がありそれでなんとかここまでやってきました。

次の項で説明しますがこの方法、指標時の停止以外にもちょっとだけ手間がかかりますが、多少はリスクヘッジになると思います。

 

 

【10万円スタート】片方停止のリスクヘッジ法を実践

 

このオートシステムですが、基本的に現在はファイルV(ナンピンマーチン)のみをドル円、ユーロドルのチャートにそれぞれ適用して運用しています。

ナンピン回数は最大10回で、初回エントリーを含むと全部で11ポジション入ります。

XMのレバレッジ888倍の場合では証拠金20万円(+ボーナス)で、10回目のナンピンまで入ると証拠金維持率が約200%まで下がります。

(ドル円レート108.00で計算の場合)

※実際は含み損も抱えているのでもっと低くなりますが。

 

サポートによると過去10回まで全てナンピンが入ったケースは無いそうですが、その辺のギリギリのラインを計算して10回に設定していると思われます。

しかし私が現在運用中のBigBossではレバレッジ555倍で10万円(入金ボーナス無し)ですので、同様の計算では8回目のナンピンで200%を切ります。

これをドル円、ユーロドル2つの通貨ペアに同時に適用したら、もちろん死にます。

 

例えばドル円が下がり続ける場合、ドルが弱くなっているのでユーロドルは上がっていくケースが多いと思います。

この時にドル円ロングユーロドルショートで同時にポジション持った場合、両者が同時に逆行していく事になります。

実はこのパターン、XMの時に一度あり、両者共に6回~7回ナンピンして結構追い込まれていた気がします。

当時は証拠金に余裕があり耐えられましたが、このパターンは非常に危険です。

 

そこで、今のBigBoss10万円口座については2~3回程度のナンピンでしたら同時稼働で放置していますが、ドル円、ユーロドルのうち片方のナンピンが進んできたらもう片方の自動売買を一時的に停止しています。

パフォーマンスはもちろん悪くなりますが、やはり推奨以下の証拠金でやる以上、このくらいのリスクヘッジは当然必要かと思われます。

 

因みにこの3ヶ月間のトータル実績は-20123円でしたね。

4月の稼働開始からのトータルは+233354円です。

この3ヶ月はいろいろあり、このツールの危険さを身を持って知る事が出来ました。

使い方次第ではまだまだ稼げるツールであるのは間違い無いので、更に頑張って貰いたいですね。

あとは締め出しだけはご勘弁を・・・・

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました!!

 

 

 

www.paladin-atfx.com